享保7年(1722)12月7日、困窮者や孤独者のための医療施設「養生所」が江戸小石川に開設。この年の初めに町医者小川笙船が目安箱に投書した意見書が8代将軍吉宗の目にとまり実現したもの。対象となる患者は看病人のいない極貧病人で治療費は無料。治療期間中は食事や衣服、寝具も支給されます。収容人員は40名。

享保7年(1722)12月7日、困窮者や孤独者のための医療施設「

f:id:yellowmarket:20181207133156j:plain


」が江戸小石川に開設。この年の初めに町医者小川笙船が目安箱に投書した意見書が8代将軍吉宗の目にとまり実現したもの。対象となる患者は看病人のいない極貧病人で治療費は無料。治療期間中は食事や衣服、寝具も支給されます。収容人員は40名。